本日は為替の市場の本質的要因についての説明をしたいと思います。為替市場とは何かというと「目の前で金銭の送らない場合でも資金の受け渡しの目的をクリアすること」を言います。普段為替取引というものは主に国際の為替について指す場合が普通です。外国の為替を簡潔にいうと二国間の貨幣の引き換えのことを指します。外国へ旅行(イギリス、韓国、ベトナム、アメリカ)などした経験があるならば、必ずといっていいほど国際の為替の取引をしたことがあります。銀行で違う国のマネーへと交換をするのは、国際の為替という事になります。為替レートを簡潔にいうと買いたいと思う人と売り手の値を言ったものです。銀行間の取引の結果決定されます。その銀行がマーケットメイカーと俗にいう世界中で指定された複数の銀行です。為替のレートはいろいろな力を受けながら引き続きみるみる変わって行きます。相場を動かして行く動因はファンダメンタルズというものが挙げられます。ファンダメンタルズが指すのは経済状況、経済の基本や様々な要因のことを表すものです。国ごとの経済の拡大や景気状況、物価の指数、通貨政策、貿易収支、無就業者数、重要人物の一言等々のものが絡み合って為替レートは変化するのです。国際収支統計や失業者の割合は重要なのです。国際収支とは何かと言うと、財務省の指図で日本銀行が輸出入統計を基に取りまとめた他の国との任意の期間の経済取引を書いたものです。経常収支は中央省庁や中央銀行のホームページ等で見られます。労働者の統計・失業率も重要ポイントとなることが多い項目であります。ひときわ米の労働者の統計は重要とされます。月一で公表され検証ターゲットが幅広いことが特徴です。為替の相場の動向は国の経済の推移なのです。景気の動向を知ることによって為替相場の状況の見極めが可能となると言えるでしょう。