為替介入(外国為替市場介入)という言葉は耳にした事がありますか?日本銀行が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞、雑誌、TV、グーグル等の記事でご覧になった方もたくさんいると思います。初めから外国為替市場介入(為替介入)というものは我が国においては、財務大臣が為替の相場の沈着を保てるように遂行する戦略と評価されています。わかりやすく言えば、極端な円高もしくは円安になると財務大臣の言いつけに従って日銀が円を売り買いして相場の安定をさせるというものです。外国為替市場介入(為替介入)にはいくつか種類があります。1.単独介入・・・行政機関・日本銀行が東京市場において自らが市場に加わって為替の介入をする。2.協調介入・・・複数の銀行などが相談し各々の通貨当局のお金を駆使して同時もしくは少しずつ外国為替平衡操作(為替介入)を実行していく。3.委託介入・・・国外の通貨当局へ外国為替平衡操作(為替介入)を委任する。4.逆委託介入・・・日銀が他国の通貨当局と代わって為替介入(外国為替市場介入)を実施する。この通り方法です。どの為替介入も一時、または当面為替に多大な効果を与えるでしょう。為替介入(外国為替平衡操作)の金額は当たり前のことですが国家の面目をかけているだけにスケールが大きいです。円を例にして説明すると、日頃は数銭単位で変化している円相場が唐突に大きく動きをします。個人投資家の方なら一回くらいは体験したと推測できますがそれまでは上手に利益(あるいは含み損)が増えている持ち高を保っていたところ、保持している持ち高が決済したといった通達がFX業者の発信でメールが来ました。黒字になったのか(損益が出たのかな)?と考えつつ決済のデータを見たところ、自分で思っていた事と正反対の状況で度肝を抜かれたということがよくありました。外国為替市場介入(為替介入)が行われた時によく聞く話です。この例のように為替介入が実施されることで、為替市場の傾向と正反対の動きをすることがわかります。変動する額の範囲はものすごく大きく大きく変わるため用心しましょう。