FXのパターンには取引所取引という取引がございます。外国為替証拠金取引(FX)会社と売買をとり行うことを「店頭取引」と呼ぶのですが、これは取引所を通過させずビジネスの相手は外為取引(FX)業者になるのです。「取引所取引」という所はFX(外国為替証拠金取引)会社はとはいっても橋渡し役であるので、直接のビジネス相手は取引所という訳になっています。この違いをただ今ちょっと比べていきましょう。まず初めに「店頭取引」の時は預けてある資金は外為会社に管理されているのです。片や「取引所取引」のケース、この証拠金は総額取引所に預託しないといけないと義務づけられております。そうすることによりもしも外為(FX)業者が経営の行き詰まりをするなんていう問題があったとしても、後者は、取引所によってお金は総額擁護してもらうことになります。場面はFX(外国為替証拠金取引)会社がコントロールしているから、状況を見て業者破産のつけをに及び預託していたお金は守護されずなのかもという可能性があります。税金を考慮しても両者では条項に相違が存在します。「店頭取引」では、変動利益やスワップポイントなどを雑所得として給与と合算して申告せねばいけません。しかし確定申告せず大丈夫な機会もある様ですので我に該当するかどうか十分チェックしてください。万が一アナタが労働者で収入2000万円以下給与所得を除いた稼ぎが二十万円以下(複数の事業者から賃金所得はなし)というようなのような規定を守っているのなら例外措置で確定申告はする必要がないです。FXのもうけが20万円以上の時は確定申告するようにして下さい。税の割合は実収に即して5%〜40%の6段階に均分されておりまして、手取りが高いようであれば税金も上がってしまいます。「取引所取引」においては、利益があった際にはその他の儲けとは別で考えておいて「申告分離課税」の対象となるのです。税金の率は全て同じ20%となるんですが、もしマイナスがはっきりしたのであるならば「取引所取引」の益として損失分を来年以降に先送りができます。上記のように、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも低い税率になるケースもあるので比較してみた方が良いと思います。特に未経験者の方は、JASDAQ株価の変化や円高にいつも行き届き、収益や損失に興奮するがために、税金を支払わなければならないという事柄を忘れて放置になってしまうこともあるので要注意です。損金は困りますが、利益が多くなれば税金においても値上がりするので神経を使うのとわきまえる事が重大との事です。