FX(外国為替証拠金取引)の投資に関してのターゲットは、世界各国の流通貨幣なのです。公式通貨についての知識を勉学で培ってみたいと思っています。・貨幣には「基軸通貨」と称されている公式通貨が存在します。基軸通貨の意味は世界各国間の決済そして金融商品の取引において主に使われる通貨のことを指し、現状では米ドルの事をいいます。当時はスターリング・ポンドが基軸になる通貨でしたが、第二次世界大戦が終わった後は米ドルになったのです。・FXを使用してやり取りされる公式貨幣の種類に際しては、他で言う外貨投資に比較してひときわ多いのが特有性なのです。FX業者により公式貨幣の種類については、異なっているのですが20種類前後の様子です。その中で変動性が大きい貨幣をメジャー通貨と称します。流動する性質が高いというのは売買が盛んに実施されており公式貨幣の商売が簡易なことであります。主要な貨幣にはお伝えした基軸通貨と称される$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)、¥(日本円)¥(円)、?(ユーロ)3種があって、世界三大通貨と表されております。スイスのフラン、豪ドル、カナダドルなどが準メジャー通貨と表されております。これら以外の変動があまりない通貨においてはマイナー通貨と呼ばれて経済大国に比べ経済に関するパワーが比較的弱い国の通貨価値で南アフリカランドや人民元、ポーランドズロチ、メキシコペソなどがメジャー通貨に関しては流通されている程度があまたですというのもあり、価格の起伏が一定水準で、情報量も豊富なとのことです。マイナー通貨については、金利の面で高い価格な通貨であるの多いので、値の激動が激しいらしいです。値の変動がすごいいう事に関して多大な収益を獲得する好都合がありますが、儲けがある分マイナス要因も大きくて冒険でしょう。変動性が低い流通通貨というのもあり事ですので売買を完了したい時により終了決定が忍びない状態になり得る事があるので気をつけましょう。何の通貨を選ぶかというのは流通通貨の特性を抜かりなく調査してから試みる事は大切であると感じます。