外為の経験がない方がFXの勘所を見つけるには、まず初めに学習を重ねる事が必要です。あらかじめ危機を感づくようになるようになるには失敗を積み重ねることも経験のひとつ。失敗するといっても、命取りとなるほど決定的な過ちをしてはいけない。小さい損を何回か実践する事が、結論として己の経験を増やしてくれる。そう考えるとまず初めは少ない資金でエントリーしてそれによっていくつか小さな負けを経験することをおすすめする。ひとつの例として、100万円だけしか投資する事が出来ない方が、100万円を少しも残さないでつぎ込んでエントリーすると、失敗した時、永遠に立ち直れなくなってしまう不安があります。そうであるならば、一例として少しずつ小分けしてトレードを行ない、それによって勝ち負けを積んだ方が所徐に負けを対応する方法なども学習していくはずです。まず最初に少額でトレードする事のメリットは先ほど書いたように、経験を増やし、損をコントロールする手段を身につけることにあるが同時に、エントリーの回数を重ねて危険性を少なくできるという価値もあります。1度限りのトレードで利益を上げられる確率が50%だと考えます。同じ確率で損するリスクもあるということになります。勝率5割ということは。半分半分の可能性で利益が上げられる事を意味しています。ところが、全てをつぎ込んで1回のみの仕掛けをするということは、はっきりとした勝ちか、負けの片方になってしまいます。このままでは1回だけの賭け事と同じです。これは、全ての財産を投資して1回のみしかトレードしないとこの分だけ損するリスクが高まってしまいます。それだけに、投資するお金を全部投じるのではなく少額ずつ分けて、回数を積む事が危険性を減らす事になります。また少しずつに分割しても全てのエントリーで利益を出す事は大切ではありません。正しく言うと、勝利できないのが実情です。取引で不可欠なのは勝率ではなく、いくら儲けるかである。勝率が同じでも、さらに5割以下でも稼ぐ事は出来ます。5割以上負けても損益が少なければ、少ない勝利の儲けの大きさだけで相当利益を上げる事が出来ます。それには、損を少なく、利益を大きくを肝に銘じる事です。損失が生じたら間髪を入れず損切りして逆に利益を上げられる時には出来るだけ大きく儲けることが外為ビギナーがFX取引で成功する方法です。