パソコンの。画面の前に座って絶えず上下動している相場をご覧になっていると何やらエントリーをしたいという欲求が生じる状況も多いです。しかしながら、あやふやな感覚で売買することは断じてしてはいけません。ご存知の通り、市場は24時間どういう時でもどこかの国の外国為替市場は変動しているし市場も休みなく、動いています。とは言っても、考え無しに売り買いを繰り返しているとその分だけ損失を被る確率が高くなってしまいます。もちろん、売買の回数を増やすことによって勝利する確率が50%、50%になります。でもこの事実は「はっきりしない勘で売り買い」することとは別問題です。取引回数を積み重ねるというのは自ずから「ここは!」と思える自信を得た状態での売買回数を増やすという意味です。ただ、ひっきりなしに注文を繰り返すのとは違います。外国為替市場の勝負に敗北しないためには自らけじめをつけることが不可欠です。「ここはいける」と思い至った相場の時には、保持ポジションを多くして、思い切り儲けを追い求めます。「明らかに難しい相場で、どう変化するのか予想できないな」と思案した時は潔く諦めて所有ポジションをひとつ残さず見切りをつけて静観します。これぐらいのメリハリをつける方が、エントリーは勝てます。相場の格言には「休むも相場」というものがあります。実に言葉どおりだと感じます。相場とは、休みなく売買ポジションを持つことがすべてではなく売買ポジションを持たずに何もしないこともまた、FXです。そうであるならば、どういう時に、休めばいいのでしょうか。第1に言われるのが前に述べたように、現在の為替相場がしっかりと判断できない時です。そこからどうなるのか見通せない時は間違って判断すると、自分自身の作り上げた物語とは逆に外国為替市場が向ってしまい損失を被る事になります。こういう状況ではポジションを減らして、そのまま静観を決め込むのが唯一出来る事です。次に、自分自身の体の調子がよくない時です。健康状態と為替相場に関係しないと感じる人もいますが現実には考えている以上に関係がある。健康状態がよくなければ、外国為替市場の大少な状況で必要な判断を下すことができません。気分が乗らない時は外国為替相場から離れてみるのも肝心な事です。