「スプレッド」とはFX取引は二国間の通貨を売買の注文をして儲けを稼ぐ商品です。売買の値は、いつも変動しています。それが為替レートです。インターネットを見ていると、為替レートのニュースが流れる場合があります。よく見かけるのが、「今のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。それは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという事を意味するのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを言い表しています。要するに、外為取引には買いと売りの値段が存在します。売値、買値の事を別の言い方で表現している業者もあります。いつもは売値が安く設定されるものです。私達が買値は高く、売値は安くなるのが一般的です。その差分をスプレッドといい、取引業者の儲けとなっています。スプレッドの広さは取引会社によって変化します。スプレッド幅は自分にとって支出となるので、小さいFX取引会社を選択するほうが有利になります。ただし、同じ取引会社でも場面に応じてスプレッドの差は広くなったり狭くなったりします。仮定としていつもはドル円のペアでわずか1銭のスプレッドの広さであるとしてもレートの変化が大きいケースでは1銭よりも広くなったりする状況があります。という訳で、スプレッドの幅が狭いのと共に、変化が少ないのが重要です。現在では変わらないスプレッドの広さを提示する業者もいくつもあります。実際にFX会社の取引画面で実際のレートを見て確認しなければ評価できないので手間がかかりますが、不可欠な事です。大事な資金を賭けてエントリーするわけですから、本物のエントリーの前に、魅力的に思えた取引会社の新しい口座開設を全てして、示されているスプレッドの広さを知っておきましょう。同じ通貨の組合せ、その瞬間のマーケットの変動率(ボラティリティ)によって、外貨のスプレッドの狭さは異なる場合があります。一般的には、インターバンクマーケットで取引高が多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの広さが狭くそれ以外の外貨では拡大する事がよくあります。