「スプレッド」とはFX取引は通貨ペアを売り買いして差益を得る投資です。売り買いの値は常時動いています。それがレートです。ラジオを聞いているとドル円やユーロ円の市場のニュースが流れるケースがあります。よくあるのが「本日のドル円相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。それは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという意味ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを言い表しています。別の表現をすると外為取引には買値と売値の値段があるという事です。売値、買値ではなく、BID、ASKと表示する取引業者もあったりします。普段は売値の方が安く決められています。買値は高く、売値は低くなるのが一般的です。この差額をスプレッドといい、FX業者の収入の一部になっています。スプレッドの広さはFX会社によって変わります。スプレッドの狭さは投資家にとってコストになるので、狭いFX取引会社をセレクトするほうが有利です。ただし、同じFX会社でも状況に応じてスプレッドの広さは変動します。円とドルのペアでたった1銭のスプレッドだとしても為替の変動がとても激しい状態では大きくなったりするのです。そういう訳で、スプレッドが小さいのと同時に変化が小さいということが重要です。最近では固定でスプレッドの幅を提示するFX業者も多く存在しています。実際にFX会社の取引画面の中で本当のレートを確認しなければ判断できないので面倒ですがとても重要なことです。多くの財産を投入して売買するわけですから本当のエントリーの前に関心がある会社の新規口座開設をして、提示されているスプレッドの広さを確かめましょう。同じ通貨のペアでもそのときの為替相場の変動率によって、外貨のスプレッドの広さは異なることがあります。普通は、銀行間取引で取引量の多い、流動性の高い通貨ではスプレッド幅が狭く別の通貨ペアでは広がる事があります。