FXをやる魅力はたった一つの投資商品であるが、資金投下の期間を「短期」「中期」「長期」という3つの中からいずれを選定するのかにより、資本の投下の仕方が異なってくる部分にあるのです。外貨に対して投入する「長い期間の投資」に関して考えてみよう。長期スタンスというものは、一年以上の出資期間を原則としているのが普通です。普通は為替のレートで、一年も後々の為替の相場がは円高か、もしくは円安なのかを連想するなんてことは多くの場合苦難に近いです。実際のところ、「そんなに後の動向は見当もつかない」と思うのが普通だと思います。予想もできないものを頭を悩ませて考えようにもそんなことは意味のないことなのです。そんなわけで外国の貨幣を買ったと仮定して、その時点での買いレートよりも円が高くなったとしても、その差損分はそのうち戻ってくるはずだくらいのイメージで売買に向かうのが良いでしょう。儲けを熱心に求めるだけでなく他の方法での収益、要するにスワップ金利を大きくするということをターゲットということで出資してみましょう。当然短期で差損にマイナスがすごく膨らんでしまうことがあります。よって、そんなマイナスが大きくても問題ないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を必要最小限に売り買いするのは重要です。外国為替証拠金取引は、損失がある金額以上に広がると追加保証金を払わなければならなくなったりもしくはストップロス(ロスカット)がかけられたりします。ストップロス(ロスカット)をすることになったらすぐやり取りを清算しなければならず長期のトレードは難しくなります。例のような危険を回避するにはレバレッジ2?3倍くらいでトレードするべきです。今度は中期スタンスのケースのトレードに関してです。中期の場合は、長くても2ヶ月くらい後々を見越しての売り買いとなります。為替の売買の場合、およそ1ヶ月先のことは、だいたいの場合先読みできるな場合が多いでしょう。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)の類の国際議会の話題、為替市場に参加している人たちがどのような内容に着目しているかを考えれば、いくらか、予想がつくでしょう。このようなファンダメンタルズをチェックしつつ、グラフを確認することで、レートの動きを理解する事ができトレードを決定するのがいいでしょう。基本的に、経済の状況とテクニカルのどちらも良い感じであり、もしくは買いが同様の時はほとんどの場合思った通りに行くと思って大丈夫です。持ち金を増やすことでもっと高いリターンを期待できるに違いありません。3つ目に短期トレードの狙いどころです。ここでいう短期のトレードというのは言わばデイトレードを意味しています。為替市場でデイトレーディングをする際は経済の基礎的条件は全然関係しないと言い切れます。なぜならばあくる日の相場の変化にファンダメンタルズは無関係だからです。この時、最大のミソは注目される行事がある場合それに影響されて為替相場が動く一瞬を見逃さないよう行動することです。例を挙げると、アメリカ合衆国において雇用者の統計が提示されるはたまた金融政策決定会合などにより制作金利が変わるというような出来事。こういうタイミングに変動をものにするという理由から、短期スタンスは技術的な知識が必要となる。